対策と習性を理解しよう|快適な日常を送るために蜂退治を専門業者にお願いしよう

快適な日常を送るために蜂退治を専門業者にお願いしよう

婦人

対策と習性を理解しよう

ウーマン

予防対策が重要です

虫の種類によって被害は様々ありますが、その中でも一番注意しなくてはいけないのがハチになります。刺される被害が毎年数多く報告されているので、巣を見つけた場合はハチ駆除を素早く行う事が重要です。そのほかに多くの人が取り入れている方法の1つに、事前に予防対策を行うという点です。ハチは毎年新しい場所に巣を作りますが、作る場所にも好みがあり特徴があります。そのため家の周りでハチが巣を作りそうな場所は、事前に予防剤などを散布しておくことで未然に巣をつくることを防ぐことができます。そのため巣をつくられないためハチ駆除を行う事自体がなくなり、ハチの被害を減らすことにもつながります。予防剤の散布や茂みなどの伐採など、予防対策は色々あるので状況に合わせて対応が可能です。

活動時期を避けよう

ハチの巣を見つけた場合はハチ駆除が必要となりますが、場合によってはすぐにハチ駆除はせずに様子をみることも大切です。とくにハチは8月から10月までは活動期になるため、活発に動き周り攻撃性も高い時期になります。その時期に見つけた巣は危険であり、むやみに近づき無理やりハチ駆除を行うと逆に危険な場合が多いです。巣をつくった場所が人がめったに近づかない場所などであれば、無理にハチ駆除などはせずに10月以降の活動が鈍くなる時期まで様子を見ると安心です。またハチは寒い時期は冬籠りのため巣から飛び立ってしまいます。その時期であればハチは巣からいなくなるので、安全にハチ駆除を行う事ができます。巣を見つけたからと慌てず、活動時期に合わせた対応がポイントになります。