生態と駆除方法|快適な日常を送るために蜂退治を専門業者にお願いしよう

快適な日常を送るために蜂退治を専門業者にお願いしよう

婦人

生態と駆除方法

作業者

生態と代表的な駆除の方法

南京虫はトコジラミともいい、成虫は体長5ミリ程度、卵は1ミリ程度の大きさであるので、どちらも目で確認することができる生物である。成虫は非常に動きがはやいが、飛ぶことはできない。幼虫、成虫ともに人間などから吸血し、強いかゆみを伴い赤い斑点ができる。南京虫は暗くて狭い隙間を好んで生息するため、柱や床板などの裂け目、畳の継ぎ目、本棚の隙間などの場所で認められることが多い。生息数が増えると糞害が目立つようになるので、生息場所を探す目安になる。南京虫駆除の方法は薬剤によるもの、加熱によるものなどがある。薬剤の場合はエアゾールタイプの殺虫剤を散布するなどの方法、加熱の場合はスチームクリーナーなどで蒸気を吹き付けるなどの方法で南京虫駆除を行う。

気をつけるポイント

薬剤による南京虫駆除を行う場合は、適切な保護具を着用し、吸引や接触しないように注意する必要がある。薬剤は布団など人間の肌が直接触れるものへの使用はあまり好ましくないので、これらは加熱による駆除を行うか、掃除機により直接吸引する方法が安全だと考えられる。加熱による南京虫駆除を行う場合は、駆除対象が高温、高湿度で不具合を起こさないものでなければならず、電化製品などには使用できない。衣類の場合は、高温のお湯で洗濯することでしっかりと駆除ができる。このように市販の薬剤や加熱、吸引による南京虫駆除は一般人でも実施することはできるが、南京虫は比較的駆除が難しい害虫といわれるので、専門業者に委託して駆除を行うほうが確実な効果を期待できる。